革包丁 NEW!

  • 2019.03.09 Saturday
  • 16:45

久し振りに贅沢な買い物をした。

鍛治屋さんにレザークラフトで使う包丁を作ってもらった。

IMG_3100 2.jpg

青紙2号という鋼に焼き入れをして頂いた。

裏すきが丁寧で美し!

IMG_3104.jpg

高級な鑿のようだ。

発注する折、鑿のような裏すきを入れて研ぎ安くとお願いしたのだけれど、ここまで綺麗にすいてもらって感動している。

写真(2019-03-09 15.56).jpg

刃先がかけないように丸みがあり、小刃の側面にもアールが入っている。これは、革を傷つけないようにとの心配りと思われる。このアールは裏にも同じく入っていた。

刃の青紙2号は、硬くても粘りが有る鋼で有名だけれど、高価で今まで使ったことがない。

写真(2019-03-09 15.33).jpg

丁寧に研いであり真っ直ぐ、マクロで見ないと分からないような二段研ぎになっていた。

硬い鋼が欠けにくいようにとの配慮だろう。自分で研ぐ時も、二段刃にしよう。

写真(2019-03-09 16.00).jpg

鍛治職人さんありがとうございます。

よく研いで大切に長く使います。

m(_ _)m

3月寄席出演情報

  • 2019.02.25 Monday
  • 10:18

3月寄席出演情報

【上席】3月1日から10日

浅草演芸ホール12:00上がり

上野鈴本演芸場13:30上がり

 

【中席】3月11日から20日

定席休席

16日から20日スカイツリー、ソラマチ亭18:30上がり

 

【下席】3月21日から30日

定席休席

節分祭

  • 2019.02.04 Monday
  • 01:18

小山の須賀神社へ節分祭奉納演芸に行ってきました。

豆まきでは、年男年女が例年よりも大変多く、神社用意の裃が足りなくなりまして、芸人は私服で参加

DSC_1965.jpg

その後、奉納演芸へ

 

紙切りの林家八楽さん

お客様からの難題に苦戦中

ウサギが連続で出たり…、「蟹」(笑)

DSC_2551.jpg

次はストレート松浦さん

熱演中、2月の小山で大汗

DSC_0081.jpg

お次は大音量で豆まきが同時進行される中、奮闘する漫才ホンキートンクさん

子供が、豆をぶつけてくるし。

DSC_2161.jpg

そして私、地味にファンカード

DSC_2286.jpg

等をしていて、ふと客席を見ると、舞台を終えた

ストレートさんがたこ焼きを食べながら舞台を見ているw

DSC_2338.jpg

普通にお客様となじんで(笑)

トリは97才現役の浪曲曲師、玉川祐子先生の講演

 

DSC_2397.jpg

ともかく「すご」

ふと、客席に置かれた焚き火を見ていると、薪を手に取る人が

DSC_0206.jpg

楽しそうに薪でジャグリングする人

DSC_0205.jpg

すでに舞台で30分近くジャグリングをやった後なのに(笑)

 

かれこれ20年以上来ている須賀神社の節分祭、今年も無事に終了

皆様ありがとうございましたm(_ _)m

(写真提供:塚越様)

2月寄席出演情報

  • 2019.01.23 Wednesday
  • 10:07

【上席】1日から10日

定席休席

2月2日にぎわい座15:45上がり

【中席】11日から20日

定席休席

【下席】21日から28日

新宿末廣亭12:15上がり

2019初席出演情報

  • 2018.12.13 Thursday
  • 09:52

2019【初席前半】1日から5日

●3日国立劇場演芸場12:25上がり

●浅草東洋館17:00上がり

●浅草演芸ホール20:15上がり

2019【初席後半】6日から10日

●鈴本演芸場14:10上がり

●浅草東洋館17:00上がり

●浅草演芸ホール20:15上がり

 

【二之席】11日から20日

上野鈴本演芸場12:45上がり(12日お休み)

 

【下席】21日から31日 休席

代演:21,22,30日鈴本演芸場17:45上がりと浅草演芸ホール20:15上がり

二楽さん鋏ケース

  • 2018.12.12 Wednesday
  • 10:45

新宿の楽屋でひょんな事から紙切り芸人林家二楽先生のハサミケースを作らせてもらった。本人はそんなに高く無いと言っていたが、高価そうだ。

IMG_0052.jpg

3回図面直しをして寸法を割り出す

二楽鋏ケース型紙1.jpg

まずは立体成型用の木型作り

_DSC1643.jpg

木材でも精度が出せるMDFを使用して二丁入りケースの木型が完成

内部構造は鋭いハサミの先で革を突き破らないようにアルミ板でプロテクターを仕込む

3F6D3A29-F622-4BF4-8B6B-18B4D942C020.jpg

ぷっくりした形状に縫い穴を開けるため工具を新調

同じ革ですけど、染め色が変わると雰囲気変わります。

二楽さんには黒と茶

息子の八楽さんには染めていないヌメ革とブルー

_DSC1680.jpg

ハサミ収納部分はいじれないので蓋だけで遊びましたw

12月寄席出演情報

  • 2018.12.03 Monday
  • 09:13

【上席】1日から10日(1日休席)

    新宿末廣亭12:45上がり

    代演:2日池袋演芸場15:45上がり

【中席】11日から20日

    定席休席

    上野鈴本演芸場17:45上がり

【下席】21日から30日(定席お休み)

    21日上野鈴本演芸場17:00上がり

    23日上野鈴本演芸場19:15上がり

車掌鞄

  • 2018.11.30 Friday
  • 21:28

車掌鞄の口金を見つけてから、楽しくなって一気に作りました。

一番の難所は型紙作り、口金の取り付け穴が決まっていて、数ミリのズレも許されない。

謝楽祭用に買った革の余りというか、傷があってはねたところを使用したので、新品なのに傷だらけですけど、試作と言うことで。

IMG_2971.jpg

試行錯誤の結果、試作はこのように

IMG_2972.jpg

厚めのヌメ革を使用したので、ひっくり返すのが大変でした。

型紙も取れたので、次回作はふっくら仕上げたいところです。

そのためには革の厚さ1mmくらいが良いような気がします。

裏を付けたくないので、やはりヌメ革かなぁー。

 

中は、初回作もあって色々入れ込みすぎ。

_DSC1642.jpg

専用ポケット多すぎ

次はシンプルにスリットを一つだけにします。

_DSC1641.jpg

暇が出来たら、口金買いにいきますw

首からさげるストラップも作らないと。

 

車掌鞄の口金

  • 2018.11.27 Tuesday
  • 21:05

浅草橋に手品用のロープを買いに行ったらたまたま見つけた車掌鞄の口金

折角だから車掌鞄を作ろう

本体はどんな形だったかなぁ?過去の記憶をたどり、ネットで画像を検索して

コピー用紙で型取り中

IMG_2968.jpg

なんか、女性物のハンドバックみたいだ

こうかな?

IMG_2969.jpg

でもこっちの方が好きだし

IMG_2966.jpg

試行錯誤中

内側には仕切ほしいな

IMG_2970.jpg

実用美のある物って意外と難しい、昔の人やっぱり凄いな

照明って大事なのね

  • 2018.11.22 Thursday
  • 19:24

今回は舞台照明のことではなくて、お部屋の明かりです。

最近目が疲れやすく、珈琲豆のピッキングをしても、もの作りをしていても、目が痛い!集中力途切れた。など歳のせいだと決めつけていました。そんな時にふと思いついたことが。

先日靴工場見学をさせていただいたおり、気に掛かっていた事が有りまして、それが室内照明なのです。

_DSC0887 のコピー.jpg

カメラの性能が上がって、ストロボを使用しなくてもそこそこ良い写真が撮れるのねと、やり過ごしていたのですが、写真を見直して気がつきました。作業場の照明が優秀なのでは?

窓がうっすらと青みがかっています。その日は曇りでした。ですと色温度が高い6500Kくらいでしょうか、室内蛍光灯は白く6000K以下と言うことが分かります。

ここまで来て気がついたのは。

目に優しい照明=作業効率=集中力アップ?=年齢カバー(歳にこだわりすぎ)

_DSC0996 のコピー.jpg

これだ!作業場は半端ない蛍光灯の数でした。そこで、目に優しい室内照明を調べてみました。

ちらつかない=これは、LED照明に軍配

明るさ=照度、明るすぎるのは目が疲れるのでは?と思い違いしていました。太陽光を基準に目にはある程度の明るさが必要なようです

演色値=その光がどれだけ太陽光に近いか。これが重要なようで、物の色味はコレで決まるくらい写真家や画家は気にされるそうな。一般人にしても脳が補正しない=疲れないと言うことらしい。世の中には色評価用蛍光ランプと言うのが有った。

影が出にくい=多重影対策

調光機能=明るさが調整できる

調色機能=色温度が変えられる

コレを全部整えると手術室になるらしい

無茶だ(笑)

で、部屋の明かりには手を付けずデスクライトを見直すことにしました

 

基準を決めないと。機能が良ければデザインは無視、価格はなるべく安くw

○照度=国内基準があって、光源から30cmで500ルクス、50cmで250ルクスを満たすとJIS規格のAA水準

○演色値=太陽光をRa100として、どれだけ近いかという値

○デスクライトだから明かりの取り回しが良く、普段邪魔にならない。私にとっては重要だ

この基準でデスクライトを探しました

 

しかーし、安めのライトには宣伝文句だけで、データが載っていない!

ようやく探し当てたのが、山田照明(ヤマダ電機ではない) Z-LIGHT Z-80PROIIB

照度=JIS規格のAA水準以上

演色値=Ra97(この機種しか無かった)

色温度=5000K(調色無し)

アームは何所でもピッタリ止まるZライト

価格18,880 円(ヨドバシ)高いなぁと思いながら演色値で判断すると選びようがなくこの機種しか有りませんでした。

DXF_Z80PRO2.jpg

前のデスクライトは

IMG_2955 のコピー.jpg

こいつは、押し入れ照明にw

さっそくハンドピック、効果の程は驚くくらいに楽です。

IMG_2956 のコピー.jpg

手元明かりだけでもこれだけ違うのかと思い知らされたのでした。

私は影が薄いけど、このライトの影も薄いのねw

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

links

website

Twitter

    follow me on Twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM