丸太の背割り

  • 2017.12.24 Sunday
  • 15:38

購入したタモの丸太に乾燥ひびが入り始めた

いくらたたき台と言っても、ひびだらけになる前に背割りをしよう

電動丸鋸でやればものの3分で終わってしまう作業だが、手鋸で挽くことにした

一番目の荒い鋸でも九寸目しか持っていない、ゼットソウの短い物

両側から挽かないと寸法が足りない;

今年9月に伐採の生木の手強いこと、割り終わるのに2時間かかった

のこぎりを挽きながら思う、音が心地よい。

電鋸だとこうはいかない、窓を閉め切っても恐らく近所中に響き渡る高音

それに比べ手鋸は引く時と戻す時の音色が力のいれ具合で変わり、リズムが生まれる

そして気がつく、最近太り始めたのはこれが原因か?

10年前まで電動工具といえば、電動ドライバーとジグソーくらいしか持っていなかった

それが今では、ほとんどがモーターに頼っている。筋肉を使わなくなっていた

切り終わって思う、元は中学生の時からのこぎりで直線に切るのが得意だった。だから木工にはまったわけで

電動工具を手にしたのは手っ取り早い事となんと言っても楽、これが運動量の低下となったようだ

木工は趣味だ、仕事で納期が決まっていているわけではない

実は電動鉋を次に買いたくて物色していた。カンナがけは見かけとは違い、前身の筋肉を使う、疲労も汗も尋常じゃ無い

電動カンナ盤があれば苦労しなくても規定の厚さに調整ができてしまう、それもほぼ完璧に

しかし、それはもの凄い騒音を伴う、集塵機と合わせると耳栓が必要なくらいだ

この丸太が広がって割れ止めと、くさびを打つまで電動鉋を買うのをひかえよう

趣味なのだから、体力の低下でどうしても鉋がけがしんどくなったら

その時にあらためて考えることにしよう

 

そうだ、もう少ししたら皮を剥がないと、スクレーバーでの皮剥は気持ちいいけれど、力がいる

ファイン社のマルチマスターという電動工具があった。振動タイプで安全だし

これを使えば楽だ

あー、これが太る原因だった!

 

Wi-Fiルーター交換

  • 2017.12.12 Tuesday
  • 18:55

Wi-Fiルーターを11ac対応に取り替えました

iMacはe-onkyo.comから音楽データをダウンロードしながら、テレビはAmazonプライム映画でウルトラセブンをストリーミング、iPhone7plusでYouTubeの4k動画をストリーミング

どの機能もびくともしない、凄い時代になったなぁー

 

珈琲の木カットバックその後

  • 2017.11.29 Wednesday
  • 16:37

珈琲の木はカットバック、切り戻されてちんちくりん

切った枝は、大切に乾燥中

明日は写真撮影の日、準備をしていたら、ぽよーんっと思い付きが出てきまして

 

『あの細い枝は○○の○のようだ』

 

思いついたら最後、撮影準備は置いておいて

珈琲の木を加工してこんな形に

左の切り株は一位の木です。右4本が珈琲の木

組み立てると

そう、ハリーポッターで有名な魔法の杖

正確には珈琲杖w ちゃんと撮影の小道具になりました

明日は魔法使いに変身w

珈琲の木を加工していると、アスパラガスを茹でたような匂いがした

 

珈琲の木のカットバック

  • 2017.11.23 Thursday
  • 17:33

コーヒーの木を育てて7年になった

コーヒー農園の情報を見て2年に一度しか花は咲かず実は採れないと思い込んでいた

7年もw

そうではなく、一度実が付いた枝には二度と実が付かないそうです!知らなかった

これで花の咲き方がムラになる原因も判明しました。

で、農園はどうやっているのかと言うと、カットバックと言うことをするようです。

このように元気なコーヒーの木これをバサッ

こんな大胆なことをするなど、知らなかったー!

これで生き返るのかしら?不安ですが、通常は5年に一度、ハワイなどは1年から2年おきにするそうです。

切った幹は枝打ちして下の写真

この幹で何か作ってみようと

大工広和が騒ぐのでしたw

バニーマタル

  • 2017.11.15 Wednesday
  • 15:55

気の迷いだろうか、久し振りにモカ珈琲が飲みたくなり、イエメンのバニーマタル生豆を注文、本日届いたので早速焙煎した。

それにしても高い! イルガチェフG1の1.5倍するのは、どうも解せない;

わかってはいたものの、欠点豆の多さにため息w

面倒臭かったハンドピックも楽しくなってくる量(笑)

250g 少ない焙煎終了

まだ、モカ臭こないなぁー、ちょっと心配

明日楽しみにドリップしてみます。

モカ臭でるといいなぁー

 

続きを読む >>

コンチョの研磨2

  • 2017.11.08 Wednesday
  • 13:12

なかなか、奇麗に磨けないコイン。
酸洗いして、バレル研磨して、ダメだった。
コインの材質を調べるとニッケルと銅の合金で白銅と言うらしい

硫酸に浸すと銅は溶けないので、銅の皮膜ができてしまうのでは?

銅は塩化第二鉄溶液で溶けるので、エッチングしてみた。

100均で色々買ってきた。ダイソー恐るべし

プリント基板のエッチング経験はあるけれども、コインははじめて

濃度と温度を変えて再チャレンジしてみよう。

本日はこれまで、あらためて、バレル研磨してみます。

ろう付け後は酸洗い必須と思い込んでいた事に疑問、ろう付け後の真っ黒な状態でバレル研磨してもみようw

ど素人が試行錯誤中

続きを読む >>

バレル研磨機

  • 2017.11.04 Saturday
  • 22:33

カーディオグラフィックの製作が落ち着いたので、コイン研磨復活

ルーターを使ってコインを研磨するも、時間がかかるので、横着できないかとネットをウロウロ

バレル研磨なるものを知り、好奇心爆発

 

 

んーーー、綺麗にならない;; バレル研磨の業者さんは見つけたのだけど、教えてとは言い出せない。

試行錯誤の日々が続きそうだ

コンチョの研磨

  • 2017.10.16 Monday
  • 13:12

ビデオカメラが出ていたので、コンチョの研磨作業を撮ってみた

使用している音楽は、バンスタ様が手品師のために作ってくれた曲を使用させて頂きました

寄席のお客様から、工程順に写真を並べてほしいと、有り難いリクエストを頂戴しました。

.▲ぅ璽鵐魯錙璽灰ぅ鷓能蕕両態

△蹐ι佞姥紊離▲船舛幣態

酸洗いした状態

で鯔生λ瓩靴疹態

ゥ屮襦璽泪献奪でつや出し保護した状態

 

赤棒でも研磨してみましら、その方が時間的に早く、仕上がりも良いようです。つまりは、横着するなということでしょうかw

ダンシングハンカチーフのネタしばらくやっていないなー、この曲でやっていた。

稽古してみようかな。

はじめてのコンチョ作り

  • 2017.10.15 Sunday
  • 00:41

上野鈴本演芸場に出演している時、たまたま御徒町に有るシーフォースという会社のバーゲンと出会う

コインをアール上に曲げる道具を見つけたので、取りあえず買ってみた

コインをへこませて、そこにシカゴスクリュー(四つ玉では無い)を付けるとコンチョという材料になるらしい

ケネディーコインとアイゼンハワーコインが大量にあるので、コンチョを作ってみることに

プレス機にセット

こんな道具

コインをセットしたらまん丸な棒を上から当てる

プレすると

それぞれ10枚やってみた

そして、シカゴスクリューをろう付けする前に脂分などを洗浄

 

更に初めてのろう付け

の動画

 

半田付けとは全く違いました

今日はここまで、磨くのは明日にしよう

続きを読む >>

革細工その4

  • 2017.08.27 Sunday
  • 13:44

絵馬をかたどった小物飾りを作り始めた

今回は初めて、東京刃型さんにお願いして型紙から抜き型を作ってもらった

IMG_1938.jpg

あっと言う間に100個抜けた

IMG_1941.jpg

箔押しと焼き印中

コバを塗り乾燥中

そろそろ鈴本演芸場に行かなければ(^^ゞ

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

website

Twitter

    follow me on Twitter

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM